ページの先頭です。
2022年度エントリー

MEMBER INTRODUCTION社員紹介

成果も成長も自分次第。人とのつながりこそが私の原点

人材紹介事業部宍戸 大都

PROFILE

2019年入社。人材紹介事業部で営業としてキャリアをスタート。2年目には事業部の体制変更につながるアイデアを出すなど、事業部の急成長に貢献。2019年度下半期 新人賞を受賞、同期内で最速昇格を果たして名実ともにホープとして成長中。

自分の道は自分で切り開く、それがゼネラルリンク流

大学では社会心理学を学び、順調に高校の教員免許も取得。ふと立ち止まって考え込んだのは、教育実習真っ只中の頃でした。教える立場になるには、「自分も社会経験を積んだほうがいいのではないか」と思ったのです。
そこからすぐに就職へと舵を切り、人と多く関われる人材業界に絞り込んで就職活動を開始。20社くらいの企業にエントリーして、幸いにも5~6社の内定をいただけました。
ありがたいことに、他社からは「希望部署に入れるようにする」などの熱烈なオファーもありました。一方で、ゼネラルリンクの担当者からは「配属先や成長は自分次第。チャンスは多くあるので、自分で道を切り開くように」と言われました。私がゼネラルリンクを選んだのは、『自分で考える』という選択肢を与えてくれたからです。

人と人のつながりが、企業を動かす力になる

私が現在担当しているのは、中途採用を考えているクライアントへの人材紹介です。
他社では雑務だけで数カ月という話も聞きますが、ゼネラルリンクでは『業務全体の流れ』を早い段階で一通り体験させてくれます。営業の仕事はやることが山積みで、全体の流れがわかっていたほうが、より価値の最大化が図れるためです。
営業職は、人とのつながりが大切なポジション。自分の手元ばかりを見ていては、人とも企業ともつながれません。自分のタスクだけに注視するのではなく、業務全体を見ながら仕事を進める。そんな一体感が、社員のモチベーションややりがいにつながっているのではないでしょうか。

自分へ挑戦し続け、事業部の成長につなげたい

仕事は常に可能性の連続です。どんな小さな業務も何かにつながっていますし、改善点も課題も山ほど出てきます。その中で私は、案件ごとに一人で担当していた業務の『分業化』を提案。細分化して複数人で組み立てながら、よりスムーズにクライアント・求職者へのフォローができる仕組みを築き、事業部の効率が劇的に変化しました。
入社して2年、自分も事業部も大きく成長できたと実感しています。以前はとにかく「数字を出したい」「出世したい」という欲が先行していましたが、最近は俯瞰的な視点で事業部の成長を考えられるようになりました。今では出世したいから仕事を頑張るのではなく、自分を磨いた結果が出世につながればいいなと思い始めています。

ONE DAY

タスク管理の徹底

人材紹介事業部が扱っているのは、『人』そのもの。面接の日程まで組んだのにその先につながらないようでは、企業さまにも関わってくれた方々にも迷惑をかけてしまいます。そうならないように、エビデンスを残す・事前確認をするなど、タスク管理を徹底しています。

話しやすい環境づくり

普段から会話の多い部署ですが、特に『話しやすい環境づくり』を全員で意識しています。チームで動く業務なので、第三者視点で状況を把握する、連絡をマメにするなどの部署内連携が欠かせません。日常的に声を掛け合い、何でも相談できる環境がしっかりできていると思います。

MY WANT

将来的には採用や社内教育の強化に関わりたい

最近は、自分単位ではなく部署単位で物事を考えられるようになってきました。今私が目標にしているのは、『ストックビジネス』にまで事業の幅を広げることです。それが実現できれば、事業部の数字も安定して出せるようになるはず。
しばらくは今のポジションで引き出しを増やしたいですが、ゆくゆくは管理部や人事部で経験を活かしたいという気持ちもあります。元々教師を目指していたこともあって、採用や社内教育にも関わっていきたいというのが私の目標です。

MY FAVORITE CORE VALUE

「ありがとう」の力

たくさんの人の協力があって、今日までの道を歩いてきました。そしてこれからも、周囲の手を借りる機会は多いと思います。頼らせてもらうことが当たり前になって、周りへの感謝の気持ちを忘れるようなことはしたくない。そんな気持ちを込めて、このバリューを選びました。

このコアバリューの意味を知る

同じ職種の社員