ページの先頭です。
2022年度エントリー

MEMBER INTRODUCTION社員紹介

インターンで得たアドバンテージが、一歩先へと進む力に

WEB事業部藤澤 康平

PROFILE

2019年入社。入社前から内定者インターンとして活躍。WEB事業部でキャリアを重ね、現在はサブマネージャーとして複数人の新卒のマネジメントを担当。

インターンで先取りしたのは、入社後のビジョン

WEB周りの仕事に興味を持っていたことから、WEB系の業種に絞って就活を開始。3年生の3月には複数の企業から内定を獲得していたものの、色々な経験がしたくてインターンに参加しました。最後に参加したのが、ゼネラルリンクです。

インターンとして業務に関わる中で、いい先輩たちと出会えたこと・入社後のビジョンがしっかり見えたことが決め手となり、そのままゼネラルリンクへの入社を決意。既に業務に関わっていたこともあって、入社後はすんなりと仕事に臨むことができました。同期の人たちのキャリアは入社時からですが、私のキャリアはフライング気味に始まっていたわけです。

個人からチームへ、立場が変われば視野も変わる

入社後に任された仕事は、WEB事業部でのクライアントの新規開拓でした。インターン時から継続している業務なので、やりやすさはありましたね。しかし一方で、同期よりも「アドバンテージがある」という点がプレッシャーになっていたのもたしかです。実際、2週間くらいは成果が出なくて焦りました……。
周囲に助けられながらキャリアを重ね、2年目には、新しい戦略プロジェクトの重要なポジションを任せていただくようになりました。

最初は部下はいませんでしたが、組織変更を経て、リーダーとして部下を持つようになり、現在ではサブマネージャーとして複数人の部下のマネジメントをしながら組織づくりにも携わっています。

私を変えてくれた、先輩の言葉

元々私はネガティブ思考なため、これまでは「人の上に立つキャラではないな」と考えていました。部下や後輩のマネジメントなんて意識したこともなく、変なプライドを持っているせいで「いまさら自分を変えられない」という思いが強くて。

そんな私のターニングポイントは、2年目の下半期。先輩から掛けられた「チャンスは降ってこないもの。欲しければ自分から動きなさい」という言葉でした。それまで足踏みしていた私に、動き出すきっかけを与えてくれたのです。そしてそれが成功体験となったことで、今ではさまざまな提案を自らできるようになりました。

ONE DAY

仕事とプライベートのメリハリをつける

元々器用な方ではないので、仕事とプライベートの切り替えを大切にしています。仕事の時間は業務に集中する、だらだらと仕事のことを考える前にオフ時はスイッチを切る。そうすることで、プライベートの時間も全力で楽しんでいます。

好きなお酒を飲む時間

お酒が好きなので、自宅でまったりと飲む時間を作っています。基本はひとり飲みですが、部署の人や同期の人と飲むことも好きです。普段は話せないようなラフな会話をしながら、実は思考の整理にも役立っています。

MY WANT

将来はグローバルな視点のビジネスを

インターンからリーダー、そしてサブマネージャーへと着実にステップアップしていますが、ゆくゆくは事業や会社の方針を意思決定できるくらいの立場を目指したいですね。将来的には、発展途上の国々の支援ができるようなビジネスにつなげ、厳しい環境下にいる人々の生活を豊かにするのが目標です。具体的なステップはまだまだこれからですが、今はできることから積み重ねていくのが自分の課題だと考えています。

MY FAVORITE CORE VALUE

明日を変えにいく

人の流入や組織の変革など、変化があるのは自然なこと。そこにただ追いつくのではなく、一歩先へと出る自分でありたいと考えています。
「自分の言動一つで明日が変わる」そんな未来を信じて、このコアバリューをチョイスしました。

このコアバリューの意味を知る

同じ職種の社員