臆せずチャレンジを続け、
業界で名前の知られる存在になる

PROFILE

学生時代は鹿児島の名門校でサッカーに打ち込む。卒業後はカフェで3年間アルバイトとして務めた後、ゼネラルリンクに入社。求人事業部の営業を経て現在は人材紹介事業部にてコンサルタントとして活躍。持ち前のひたむきな努力は結果として現れ、入社1年目には新人賞を受賞。ゼネラルリンクの部員数では1、2位を争うフットサル部の部長も務めている。

面接でアドバイスが入社のきっかけに

ゼネラルリンクに入る前は、カフェでアルバイトを3年ほどしていました。その頃は、営業という仕事はもちろんのこと、世の中にどんな業界があるのかすらほとんど知りませんでしたね。カフェで正社員を目指す道もありましたが、もっと世の中を広く知りたいと思い、いろいろな業界の面接を受けました。その中で出会ったゼネラルリンク。面接がとても印象的でした。少し出遅れた社会人スタートの自分と向き合い、これから営業としてやっていくために今何が必要で何をすべきなのか、アドバイスをしてくださって。その話に共感し、自分の将来が見えた気がして、「ここで働きたい」と思ったのを覚えています。

他事業部からも学べる環境で成長

最初に配属された求人事業部では、求人とWeb商品の融合商材を提案することがありました。事業部内の商品に縛られずに、お客様にとって最良の提案ができるのは、幅広い事業を展開する弊社ならではの魅力だと感じます。Webの知識はWeb事業部のみなさんから学びました。他事業部なのに親身になってロープレをしてくださったり、相談に乗ってくださったり…すごく勉強になりましたね。

現在は、これまでの経験も活かしながら人材紹介事業部でコンサルタントをしています。求職者と企業双方のコンサルティングを一貫して行うスタイルは、大手にはできないこと。やりがいや喜びも大きいです。人材紹介事業部は、ひとりひとりのコンサルタントとしての力が重要視されますので、まずは「この業界なら西さん!」と名前を知られたいと思っています。

「会社のため」ではなく「自分のため」。
3年目には上司を超える!

弊社には個々の考えを否定せず尊重される文化が根付いているなぁ、としばしば感じます。自分とは真逆の思考の仲間もいて、ときどき仕事のことで意見し合うこともあります。どちらの考えも尊重されることってあまりないと思うのですが、ゼネラルリンクにはそれがありますね。

じつは私には「会社のために」という考えはあまりありません。自分自身の成長を第一に考えるタイプで(笑)そんな私に上司は「そのマインドでいていい。ゆくゆくは事業部の成長につながるのだから」と言ってくれます。社長も常々「どんな夢や目標でも、自分の目指す方向性と会社の目指す方向性には、必ず重なる部分がある」と言っていて、会社というよりは自分が今どうなりたいか、を大切にしています。

わたしは現在上司を超えることを目標にしています。このままいけば3年目には超えられる…なんて話を上司ともしていて。それは、上司への恩返しにもなると思うので頑張っています!

学生へのメッセージ

自分の学習タイプが体で覚える運動型な私は、臆することなくチャレンジすることを意識しています。聞いた話よりもまずは自分で体現してみること。「ここがよかった」「ここがわるかった」と自身で振り返り反省することは、何よりも勉強になると思っています。どこの会社に入っても、ベースは自分次第。常に前向きなマインドで取り組んでいけば、どこでもやっていけます!なのでまずは行動!いろいろな会社を見てみてはいかがでしょうか。きっと得られるものがあるはずです。

夢へのチケットを手に入れよう!!

まずは、説明会に参加

Facebook

instagram