小寺 - 株式会社ゼネラルリンク 採用サイト

人材紹介の枠を超え、
M&A事業の展開を目指す

入社直後から新規事業部の立ち上げへ

Q.入社のきっかけについて教えてください

私は前職でも人材紹介業をしており、この会社に入るまでは自分で独立しようと思っていました。
ちょうど前職の会社を辞めたタイミングで宮野取締役にお会いし、人材紹介事業部の立ち上げはもちろん、「ゼネラルリンクというフィールドを使って何をしてもらってもいい」という言葉をかけて頂いたことが入社を決めた大きな理由です。

Q.どのような事業を人材紹介事業部で行っているのですか

基本的には、転職を希望している個人に対してキャリアアドバイザーとして接し、「こういう人生を歩みたいのであれば、この仕事が合うと思います。」といった形でアドバイスをしています。

また個人だけではなく、企業側に対してもリクルートアドバイザーとして、「こういう人を採用した方がいいですよ」というコンサルティングを行っています。

現在は求職者と企業の仲介をしていますが、将来的には買いたい企業と売りたい企業の仲介、つまりM&Aの事業を展開していきたいと考えています。

オーバーアチーブメントで信頼を掴み取る

Q.人を扱う事業をする楽しさや難しさについて教えて下さい

10個の事例があれば10個の回答方法があるという十人十色な部分が、人を扱う仕事では非常に難しい部分なのではないかと思います。成功パターン等も存在しませんし、必ずしも正解があるというわけでもありません。

しかしその分、自分が仲介した人と企業のマッチングが成就したときは嬉しいです。
例えば転職をした人が新しい会社に入り活躍をし、その会社の売り上げが上がり、そしてその人の給料も上がったとなると非常に社会貢献性が高いので、他にはないやりがいがあると思っています。

Q.仕事をする上で大切にしていることは何ですか

個人法人関わらず、お客様の求めているラインを少し超える価値を提供するということを大切にしています。
今回転職をしましたが、企業の看板がとれても一個人として取引をしたいというお客様が有難いことにすごく多くいてくださいました。

常に求められることの上をいくとやはり顧客満足度も高いですし、何より自分自身を覚えてもらえるので、この行動は今でも意識して仕事をしています。

チャレンジする先に成功がある

Q.会社から求められることについて教えて下さい

自社にとって必要な人材はどういう人材かをよく聞かれることが多いです。今弊社は事業を大きく多角化している為、各部署に適正な人材がどういう人で、どのようなスキルを持った人が必要かということを会社自体が把握しきれていない場合があります。

そのような場合に、企業として欲しい人材ではなく、各事業に本当に必要な人材をアドバイスする立場として仕事を任されることがあります。

Q.今後どのような人と一緒に働きたいですか

シンプルに「素直さ」と「愚直さ」を持っている方です。弊社では積極的にチャレンジさせてもらえる環境が整っていますが、大体のチャレンジは失敗すると思っています。

しかしその時に上司のアドバイスや周囲の声を素直に聞き入れ、愚直に邁進し続けることで、成長スピードは格段に速くなると思っています。チャレンジして失敗をしても決して損しない環境があるので、チャレンジした先の成功を一緒に見続けられる人と仕事をしたいと思っています。

Facebook

instagram

夢へのチケットを手に入れよう!!

エントリー

こちらからもエントリー&インターン受付中