人と向き合い、
自らの手で仕事を創る

PROFILE

新卒入社した会社でネイリストとして経験を積んだ後「ネイルとWebメディアを組み合わせた媒体」を作りたいという思いで、業界未経験ながらアシスタントとしてゼネラルリンクに入社。2018年には新商材を提案、自らがコアメンバーとなり施策管理を行う。将来は女社長を目指す。

「自由に仕事をする」ことを追求したい

現在は、今年から売り出している商材の企画提案、お客様へのヒアリング、そしてそれらを行うメンバーの統括をメインに各種業務を行っています。私を含め各メンバーが、自由にやりたい業務を行える環境を整えています。自分で自由に考えて、面白いと思えることをどんどん実践していきたいというのは、ずっと追求しているテーマですね。

ゼネラルリンクに入社したての頃、「私はこれをやりたいんだ!」というのを上長に常にアピールしていました。でも、やりたいことを仕事にするには結果や成果を出さないといけない。強い想いだけでは、何も進まない。そんな葛藤と闘っていた入社半年ごろ、当時うまくいっていなかった商材を立て直す機会を、上長からいただけたんです。日ごろから上長を信頼していましたが、本当に「任せていただけた」ということが何より嬉しくて。この時は”鬼”になって日夜、商材に関する調査を続けました。その頃の経験が、現在扱う商材に繋がっているのかもしれません。

“私ならもっと面白くできる”からはじまった行動指針

業界の動向や他社様の取り組みを調査するときは「何か面白いことないかな」という感覚で常にアンテナを張りながら進めています。見つけ出した情報の中で、自社でも参考にできそうと思ったものは上長に提案するのですが、見つけたものをそのまま提出することはしません。それだと誰が見つけてきても同じになってしまうので、「私ならこの企画をもっと面白くできる!」という思いで”スパイス”を加えて提出していますね(笑)今では「いかに面白くできるか」が行動指針になっています。

元々、周囲の人を笑わせるのが好きな性格なんです。映像ディレクターをしていた父の影響もありますが、企画することを仕事にしたいと本格的に思ったきっかけは学生時代の課題でした。当時とびきり熱を入れて制作した『架空のテレビ番組の企画書』が、200人ほどいるゼミの受講生の中で唯一テレビ局が開催する選考を通ったんです。その時の経験は、自信に繋がりましたね。

周囲のみんなに楽しく、面白く働いてほしい

以前の業務推進は、営業アシスタントの役割に留まらないマルチな活躍が求められていたのですが、それが苦手な人も勿論いて。事業部が拡大していく中で、「それぞれの得意なスキルを伸ばせる環境にしていこうよ」というスタンスに自然と変わっていきました。中には、”やりたいこと”と”得意なこと”が違う人もいます。そんな時は面談を重ねたり、飲みに行って、向き不向きを示唆したり。とにかくコミュニケーションを通して、本人の希望と、業務として携わってほしい役割との距離を縮めることに重きを置いています。

私自身交流が好きなので、業務外で社員と飲みに行く機会は多いですね。交流の中で、営業さんからは「自信をもって提案できる商材が欲しい」という声があり、業推としては「みんなのやりたい仕事をしてほしい」という背景があり。双方の要望を叶えられるものは何なのか、みんながハッピーになれる方法を模索した結果、今回の商材の発案に至りました。

女社長になる、という夢があるんです。今は、新商材の勉強会や提案資料づくりなどバタバタしていますが、いずれは大好きなネイルと、今現在業務として取り組んでいるウェブメディアを合わせて、自分で事業を創れたらと本気で考えています。

学生へのメッセージ

『努力すれば夢は叶う』という言葉からも伝わるように、信じて積み上げてきたものの結果は良くも悪くも全部自分に返ってきます。だからこそ、どれだけ自分の感覚を信じられるかが重要です。何を面白く感じるか、興味を持って楽しめるか…自分自身と向き合えば、進むべき方向が見えてきます。そして、やりたいことを内に秘めるだけでなくアピールすることで環境が変わったり、周囲の方から機会をいただける時が必ずやってきます。支えていただけることに感謝しながら、面白いと思った方向に突き進んでください!

夢へのチケットを手に入れよう!!

まずは、説明会に参加

こちらからもエントリー&インターン受付中

Facebook

instagram