阿部 - 株式会社ゼネラルリンク 採用サイト

斬新な採用フローで
新たな仲間を探す

斬新な採用フローで新たな仲間を探す

Q.入社のきっかけについて教えてください

役員の一人が大学の友人で、その彼から誘われたことが最初のきっかけでした。会社自体がまさにこれから採用を強化していきたいというフェーズで、彼も私の性格やキャリアを知っていたので、誰にでも積極的にアプローチしていけるようなキャラクターを活かして採用活動を行っていってほしいということでした。

その後、入社を決める前に一度、社長や宮野取締役、またその他の社員の方々と食事にいったのですが、みんなキラキラしながら夢を語っていました。僕のことを誘っているんですけど、いつの間にか「こんなことやりたいよね。」とか「あんなことやりたいよね。」という未来の話になっていたんです。これまで働いてきた中では経験したことがないような、すごく楽しい時間でした。

Q.入社を決意する決め手となったことは何でしょうか

社長の「まずは失敗してもいいと思っていて、何でもチャレンジさせていきたいなと思ってるんだよね。やってみないと何もわからないからさ。」という言葉です。

失敗することは会社にとっても大きなリスクになると思うのですが、それでも社員に精一杯チャレンジしてほしいと本気で語っている社長の心意気に惹かれました。

その時に、ここで仕事をしたらすごく有意義で意味のあることができるんじゃないかと思い、最終的に入社を決意しました。

新採用制度へのチャレンジ

Q.どのような業務を行っているか教えてください

今は採用を中心に、社内外の広報活動を主に行っています。

人事ごとや労務・総務系の統括的な立場でもあり、評価制度の浸透や集約など人事として幅広く業務を行っています。

Q.今チャレンジされていることは何でしょうか

全員採用担当者という制度を新しく始めました。実は私が入社する前に2日間かけて採用合宿を行ったのですが、その中でどのような採用コンセプトにしていくかという話になり、「全員採用担当として採用担当兼務になるってよ」というコンセプトを作ったんです。

もちろんコンセプトだけではなく、「どんなことをやる」や「何をやらせないといけない」といったことを形作らなければいけないので、すごく難しく大変なことではあるのですが、まず入社してからすぐに全社員の名刺に採用担当兼務という文言を入れることから始めました。

同時に、全員で採用担当をしていくというのはどういうことなのか、という説明会を開き、「自分が思う会社の魅力を語ってほしい」ということや「自分の仲間をつくる感覚で採用活動をしてほしい」ということを伝えました。
会社としても一般的な採用フローは完全になくし、人の本質を見極め、判断していくような採用フローを進めていこうということになっています。

私が始めたこの「全員採用担当者」というプロジェクトを会社の文化にするため、日々邁進しています。

自分で考え、動いていける人と働きたい

Q.阿部さんが採用したい人について教えてください

「自分で考えて動いていける人」ですね。
会社としてもベンチャーなので、一社員として与えられたことをするというスタンスではなく、自分で物事の本質を見極め、判断し、自発的に動けるという要素が非常に重要かなと思っています。

最初からそれができる人は中々いないかもしれませんが、例えば知識がないと思えば勉強するとか、分からないことはすぐに上司に聞くとか、すごく簡単なことからでもまずやってみるという姿勢が大切だと考えています。

Q.人を見分けるにあたって特に重要視しているポイントは何でしょうか

自分の考えをいかにもっているかという部分を重要視しています。私の場合は、一つの返答に対して「なぜそう思ったのか?」ということをよく聞きますね。
自分の考えがないと最終的に答えられなくなったりしますし、「なぜ」の深掘りをすることでその人の本質が見えてきます。これは新卒・中途関わらず行っていることです。

本質を見ることを常に意識しています。

Facebook

instagram

夢へのチケットを手に入れよう!!

エントリー

こちらからもエントリー&インターン受付中