ライフプランまで考慮したい!女性の転職を成功に導くおすすめ転職サイト&エージェント

転職エージェント転職サイト

「女性が転職する時に使うべき転職サイトや転職エージェントを教えて欲しい」

「女性が転職する時、どんなところに気をつけたらいい?」

「ライフスタイルにあわせた転職先を探したい!」

この記事を読んでくれているあなたは、現在働いているものの、さまざまな理由で転職を考えているところではないでしょうか。

女性は特に、結婚や出産・育児などのライフスタイルの変化に応じて、働き方に変化が生じることが多いです。

せっかく転職活動をするなら、女性目線で知りたい情報を網羅していたり、女性も活躍できる仕事を紹介してくれたりする、転職サービスを利用したいですよね。

そこで今回は、人材紹介業界のプロフェッショナルが、女性におすすめしたい転職サイトと転職エージェントや女性が転職活動のポイントについて解説します。

こんな情報をお伝えします!

  • 女性の転職におすすめの転職サイトや転職エージェント
  • 女性が転職活動をスムーズに進めるために、考えておくべきこと
  • 女性が働きやすい企業を見分けるポイント
おすすめ「転職サイト&転職エージェント」 転職サイト 転職エージェント
特に女性におすすめ
総合型おすすめ

この記事の要点まとめ!

  • 女性におすすめの転職サイトとあわせて総合型おすすめの転職サイトに複数登録し、徐々に使用サイトを絞り込んでいこう
  • 効率よく転職活動をしたい人・初めて転職活動をする人は、転職エージェントも積極的に活用すべし
  • 転職サイトと転職エージェントを併用することで幅広い求人が得られる
  • 転職活動をする前に、自分のこれからのライフプランについて今一度考えてみよう

記事監修

  • PMC株式会社 代表取締役
  • 岡本 裕(おかもと・ゆたか)
大学卒業後、人材紹介と採用支援を行うベンチャー企業の紹介事業部にて、コンサルタントとして従事。その後大手派遣会社の紹介事業に携わり、IT・不動産・金融・サービス業界のチーム立ち上げを行う。ヘッドハンティング会社にて人材紹介・新卒紹介事業を展開する企業立ち上げに参画、取締役として従事。経営者・人事・ヘッドハンター・転職アドバイザーなど転職業界において幅広い経験を持ち、多岐にわたる経験・視点から転職支援を行っています。Twitterでも情報発信中。

記事執筆者

  • 編集部
  • 転職のホント編集部
転職・キャリアアップについての正しい情報を提供するために、キャリアコンサルタント含むディレクター・ライターチームで記事を執筆しています。常に確度の高い情報を提供するため、人材紹介エージェントとのディスカッション・転職経験者へのアンケートリサーチを綿密に行い記事制作を行っています。

この記事を読んでくれている方の中には、「女性が転職をする時に、気をつけておくべきことが知りたい!」という人もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方も大丈夫です。この記事では、転職活動をする上で知っておいたほうがいいことや、よくある質問などにもお答えします。

  • 「転職活動をする前に、考えておいたほうがいいことを知りたい!」という方は、こちら
  • 「女性が活躍できる会社かどうか、どこを見て判断するの?」という方は、こちら
  • 「転職活動をするにあたって、気になることが多い…」という方は、こちら

まで直接スキップしても大丈夫ですよ。

転職のホント編集
おすすめ転職サイト・転職エージェントを知りたい方はこのまま読み進めてください!

この記事が、あなたが働きやすい環境を見つけるための、お役に立てますように!

目次 非表示

特に女性におすすめ!特化型転職サイト

特に女性におすすめ!転職サイト4つ

それでは早速、人材紹介のプロフェッショナルが選定した「特に女性におすすめな転職サイト」をご紹介します。

女性におすすめ特化型転職サイト

  1. 女の転職type:正社員として働きたい女性はコレ!
  2. とらばーゆ:正社員からアルバイトまで幅広い求人を掲載
  3. リジョブ:美容・治療・リラクゼーション系の求人が豊富!

女性におすすめ転職サイト(1)女の転職type:正社員として働きたい女性はコレ!

女の転職type
画像引用:女のtype公式HP

正社員として働きたい女性には、まずは「女の転職type」がおすすめ。2021年8月末時点で157万人が利用している、正社員求人が約80%(2020年7月時点)の転職サイトです。

残業や産育休活用例、転勤、時短勤務等の有無など、特に女性が気になるポイントが明記されています。ファッション・美容に関するアパレル求人専門ページもありますよ。

ただし、取り扱う求人数は2000件弱(2021年11月時点)とそれほど多くはありませんので、後ほどご紹介する「リクナビNEXT」や「doda」などの総合転職サイトとの併用がおすすめです。

こんな人におすすめ!

  • 正社員で働きたい人
  • 結婚や出産などライフスタイルが変化しても、ずっと働き続けたい人
女の転職typeに無料登録!

女性におすすめ転職サイト(2)とらばーゆ:正社員からアルバイトまで幅広い求人掲載

とらばーゆ
画像引用:とらばーゆ公式HP

女性のための求人を特に多く掲載する「とらばーゆ」。正社員や派遣・アルバイトなど、幅広い雇用体系の求人を取り扱っているのが特長です。

一般事務やデータ入力、歯科衛生士、アパレル販売など、女性に人気の職種の求人も掲載されています。

ただし女の転職typeと同様、求人数は2347件(2021年11月時点)とそれほど多くはないため、他サイトとの併用がおすすめです。

転職に成功した先輩から企業の人事担当者まで、転職に役立つインタビューが掲載されており、読み物としても勉強になりますよ。

こんな人におすすめ!

  • 正社員だけに拘らず、派遣・アルバイト・契約社員などの雇用形態で仕事を探している人
  • 転職に成功した人の体験談を知りたい人
とらばーゆに無料登録!

女性におすすめ転職サイト(3)リジョブ:美容・治療・リラクゼーション系の求人が豊富!

リジョブ
画像引用:リジョブ公式HP

もしあなたが美容業界求人を探しているなら、美容・治療・リラクゼーションなどの求人に特化した「リジョブ」も登録してみましょう。

14,000件を越える求人の中で、未経験者歓迎の求人は8698件(2021年11月時点)!経験者のみならず、新たに美容業界にチャレンジしてみたい人にもおすすめです。

美容系以外にもマッサージ、セラピスト、柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ師などの求人案件も取り扱っています。

こんな人におすすめ!

  • 美容やエステ系、リラクゼーション、治療などの業界で働きたい人
  • 未経験だけど美容業界にチャレンジしたい人
リジョブに無料登録!
転職のホント編集
ここまで、女性向けのおすすめ転職サイトをご紹介してきました。次の章からは、総合型のおすすめ転職サイトをご紹介します!

あわせて登録しておきたい!おすすめの総合型転職サイト4選

あわせて登録しておきたい!総合的におすすめの転職サイト4つ

これまで女性におすすめの転職サイトを紹介しましたが、「女性におすすめの転職サイトを見てもピンとこない…」「もっといい求人はないかな」という方は、さらに幅広い求人が掲載されている総合型サイトを押さえておいた方がよいでしょう。

ここからは、男女共に幅広い求人を押さえることができる「総合型おすすめの転職サイト」をご紹介します。

後悔のない転職活動を行うためには、より多くの求人や情報源を持っておき、その中からより自分に合った転職先を探すことが重要です。

これからご紹介する転職サイトの強みは、なんといってもその情報量。

各サイトによってさまざまな特徴がありますので、ぜひ先にご紹介した転職サイトとあわせて、登録しておきましょう。

総合型おすすめ転職サイト

  1. リクナビNEXT:大量の求人と使いやすさからはずせない大手転職サイト
  2. doda:求人数が圧倒的!転職エージェントとの連携が効果的
  3. マイナビ転職:特に20~30代向けなど若手におすすめ
  4. ビズリーチ:高年収・ハイクラスの転職におすすめ

転職サイトを利用しての転職活動で効果を出すコツは、まずは幅広い情報を得ること。

  1. 最初は複数の転職サイトに登録し、色々な求人を探してみる
  2. 使いやすい・希望の求人がある転職サイトの利用に絞り込んでいく

という流れがおすすめです。

働きながら多くの転職サイトで情報を探し続けるのは負担が大きいので、最終的に自分にぴったりな転職サイト2つ程度に絞り込むのがよいでしょう。

おすすめ転職サイト(1)リクナビNEXT:大量の求人と使いやすさから外せないサイト

リクナビNEXT
画像引用:リクナビNEXT公式HP

リクナビNEXT」は、求人広告大手・株式会社リクルートキャリアが運営する転職サイトです。

リクナビNEXTの特長は、その求人案件数の多さと業種の幅広さ

2021年11月時点で約5万件の求人情報が掲載されているため、お目当ての求人に出会える可能性が高いと思います。

また、リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発したという「グッドポイント診断」では、あなたの強みを客観的に知ることができます。

利用した人の中の80%以上(2015年8月時点)が応募時に診断結果を添付しており、より具体的に長所を企業に伝えることができますよ。

圧倒的な情報量から、求人探しの可能性を広げたい方にはぜひ登録しておいてほしいサイトです。

こんな人におすすめ!

  • 数多くの求人からより自分にあった求人を探したい人
  • 自分の強みを客観的に知りたい人
リクナビNEXTに無料登録!

おすすめ転職サイト(2)doda:求人数が圧倒的&転職エージェントとの連携が効果的

doda
画像引用:doda公式HP

doda」は、こちらも人材業界大手のパーソルキャリアが運営している転職サイト。

非公開求人を含む14万件以上の求人(2021年11月時点)が掲載されており、業界トップクラスの求人数を誇ります。

dodaを使う利点は、非公開求人からキャリアコンサルタントが求人を紹介してくれる転職エージェントとの連携が優れている点

転職エージェントとスカウトの機能が、dodaに登録することでそのまま利用できるようになっています。

効率的な転職活動のため、dodaで転職サイトと転職エージェントの併用を気軽に始めてみるのもおすすめです。

また、「診断・文書作成ツール」も充実しており、適正年収が分かる「年収査定」や人気企業300社の「合格診断」、職務経歴書を簡単に作成できる「レジュメビルダー」などがあり、スムーズな転職活動のサポートをしてくれます。

こんな人におすすめ!

  • 初めて転職活動をする人
  • 転職エージェントとの併用を気軽に行いたい人
dodaに無料登録!

おすすめ転職サイト(3)マイナビ転職:特に20~30代向けなど若手におすすめ

マイナビ転職
画像引用:マイナビ転職公式HP

マイナビ転職」は、特に20~30代向けの求人が多く、質が良い転職サイトです。

第二新卒など初めて転職を経験する若手の方に多く利用されています。

掲載されている求人の約80%(※)が、マイナビ転職にしか掲載されていない独自求人であることが大きな特長。

※株式会社マイナビが指定した民間事業者の運営するWEB求人情報提携媒体の掲載企業で、調査日時点でマイナビ転職だけに掲載されている企業の数を、マイナビ転職の全掲載企業数で割った数値です。(2021年7月29日時点)

また、転職活動をするためのノウハウが詰まった「転職成功マルわかりガイド」や、転職エージェントが行うようなアドバイスが受けられる「転職MYコーチ」も魅力的ですよ。

全国各地で転職フェアも開催されており、あなたが希望する転職先を見つけられる可能性が高いといえるでしょう。

こんな人におすすめ!

  • 特に20代~30代の若手の人
  • 他サイトと被らない求人を探したい人
  • 企業の採用担当者や先輩職員と直接話せる「転職フェア」に参加してみたい人
マイナビ転職に無料登録!

おすすめ転職サイト(4)ビズリーチ:高年収・ハイクラスの転職におすすめ

ビズリーチ
画像引用:ビズリーチ公式HP

ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サイト「ビズリーチ」は、優良企業・ヘッドハンターから直接スカウトが届く転職システムが特長の転職サイトです。

これまでご紹介した転職サイトとは異なり、自分から応募するのではなくスカウト方式という点。

ハイクラス求人案件を取り扱うヘッドハンターから、斬新な企業やポジションを紹介してもらえる可能性もあります。

ただ、それだけ好条件な求人を得られる代わりに、登録には独自の審査を通過する必要があります。年収が低い人やキャリアの浅い人は、登録できない可能性があるので注意してください。

基本は無料ですが、有料会員になればより手厚いサポートを受けることができますよ。

※有料プランには、タレント会員:30日間コース 3,278円(税込)の一括払い/ハイクラス会員:30日間コース 5,478円(税込)の一括払いの2種類があります

こんな人におすすめ!

  • ハイクラスの求人を探しているキャリア志向の人
  • 前職の年収500万以上の人
ビズリーチに無料登録!

これまではおすすめの転職サイトについてご紹介しました。

次の章では、転職活動のプロであるキャリアコンサルタントがサポートしてくれる、転職エージェントについてご紹介します!

聞きにくいことも相談できる!女性におすすめ転職エージェント

聞きにくいことは相談できる!女性におすすめ転職エージェント2つ

大量の求人の中から、自分に合いそうなものを探すのは実はとても大変。

初めて転職活動をする人や、未経験業界・職種で転職活動をしようと思っている人にとってはなおさらです。

そんな人におすすめなのが、転職エージェントも利用しての転職活動。

転職エージェントを活用することで

  • キャリアコンサルタントが、あなたに合った求人情報を紹介してくれる
  • 書類選考の際に推薦状で後押しをしてくれる
  • 忙しいあなたに代わって面接日の調整や年収の交渉までしてくれる

という恩恵が受けられます。

転職のホント編集
転職サイトと転職エージェントは両方利用することで、幅広い求人情報を得られます!

ここでは、特に女性におすすめの転職エージェントをご紹介します。

女性におすすめの転職エージェントでは、特に女性目線に立ったアドバイスがもらえたり、女性ならではの悩みや相談にものってくれたりするでしょう。

女性におすすめ転職エージェント

女性におすすめ転職エージェント(1)LiBzPARTNERS:キャリア志向の人におすすめ

LiBzPARTNERS
画像引用:LiBzPARTNERS公式HP

キャリアアップを目指す女性におすすめなのが、「LiBzPARTNERS」。即戦力となる女性を採用したい企業が集まっている傾向にあります。

女性役職者を求める企業や、スタートアップ企業、メガベンチャーの非公開求人も多く、年収600万円以上のミドル~ハイクラス層に該当する女性におすすめです。

30~50代と幅広い年代の女性の転職をサポートした実績があり、安心して相談できるでしょう。

同社が運営する女性向けの転職サイトLiBzCAREERと併用するのもおすすめです。

こんな人におすすめ!

  • キャリアに自信がある人
  • 管理職を希望している人
  • 現職で年収が600万円を超えている人
LiBzPARTNERSに無料登録!

女性におすすめ転職エージェント(2)パソナキャリア:転職者からの評価が高いエージェント

パソナキャリア
画像引用:パソナキャリア公式HP

パソナキャリア」は、転職者からの評価が高いことで業界内でも有名なエージェント。

パソナキャリア自体は女性の転職に特化しているわけではありませんが、取り扱う求人の質から女性の転職実績が多く、2016年には「女性活躍推進コンサルティングチーム」が発足。

「女性の転職特集」などの掲載もあり、女性におすすめな求人の強化を打ち出しています。

地域に密着した案件も豊富なので、「地元で働きたい」「転勤はしたくない」といった希望も叶えやすいでしょう。

また、IT・通信系、Web系などの理系職種に強いため、専門的なスキルを活かしたい方、20〜30代女性で理系職種の転職者などにもオススメです。

非公開求人を含む求人情報数が5万件、転職者がキャリアコンサルタントを逆指名できるサービスがあるのも嬉しいポイントです。

こんな人におすすめ!

  • 20〜30代の理系職種で転職しようとしている人
  • 地域密着の求人を探したい人
  • 自分でキャリアコンサルタントを決めたい人
パソナキャリアに無料登録!

ここまで、編集部が特におすすめする女性向けの転職エージェント2つをご紹介しました。次の章からは、求人規模や層の厚さが魅力の総合型転職エージェントをご紹介します!

あわせて登録しておきたい!おすすめの総合型転職エージェント

あわせて登録しておきたい!総合的におすすめの転職エージェント2つ

ここからは、女性に限らず転職支援力の強いおすすめの総合型転職エージェントをご紹介します。

忙しくてなかなか転職活動の時間を確保できない人、効率よく転職活動をすすめたい人は、こちらもぜひ利用してみてください。

総合型おすすめ転職エージェント

  1. リクルートエージェント:保有求人量が強みの大手エージェント
  2. JACリクルートメント:グローバル転職・キャリアアップ転職に強い

おすすめ転職エージェント(1)リクルートエージェント:保有求人数が強みの大手エージェント

リクルートエージェント
画像引用:リクルートエージェント公式HP

非公開求人を10万件以上(2020年8月時点)も掲載している「リクルートエージェント」。転職支援実績No.1(※)の転職エージェントです。

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

歴史もあり、規模も大きい転職エージェントなため、企業とのパイプも強く幅広い地域や職種に対応しているのが大きな特長です。

転職エージェントではキャリアコンサルタントとの相性や親身なサポートが重要になってきますが、リクルートエージェントのキャリアコンサルタントは層の厚さに定評があります。

安定したサポート品質を期待できるという点は安心感につながりますね。

また、キャリアコンサルタントによる提出書類の添削や面接対策だけでなく、リクルートエージェントが分析した業界・企業情報を提供してくれるなど、転職に向けての独自のサポートも充実しています。

こんな人におすすめ!

  • 安定した転職支援サポートを受けたい人
  • 多くの求人を紹介してほしい人
  • 業界・企業情報など、会社選びの参考になる情報が欲しい人
  • 未経験業界・職種や、地方での転職活動を考えている人
リクルートエージェントに無料登録!

おすすめ転職エージェント(2)JACリクルートメント:グローバル転職・キャリアアップ転職に強い

JACリクルートメント
画像引用:JACリクルートメント公式HP

30~50代のキャリアアップ転職に強い「JACリクルートメント

累計約43万人の転職支援実績(※1988年からの累積実績)を持つJACリクルートメントは、管理職求人やハイクラス転職も得意としています。

利用者の年齢層も比較的高く、管理職や役員といったポジションの転職に強いのが特長です。

30年以上の歴史があり、企業・業界とのパイプが強さも魅力といえるでしょう。

ただ、好条件案件ほど転職者の市場価値がシビアに判断されるため、市場価値が低いと判断された場合には紹介される案件が少なくなる可能性もあります。

こんな人におすすめ!

  • 30~50代のキャリア志向の人
  • 外資系企業や海外進出企業への転職支援を受けたい人
JACリクルートメントに無料登録!

編集部おすすめの、女性向けの転職サイト・転職エージェンをご紹介しました。

続いて、企業リサーチに役立つ口コミサイトをご紹介しますので、転職前に企業の実態をチェックしておきましょう!

会社口コミサイトで実態をチェックしておこう!

口コミサイトで実態をチェックしておこう!

転職先を探す際には、企業が公にしている情報だけでなく、その会社の実状も知りたいですよね。

会社口コミサイトには、実際に今その企業で働いている社員や過去働いていた社員の人たちが、人間関係、給与、残業、福利厚生の状況など、企業のリアルな実態を書き込んでいます。

複数の口コミサイトをチェックして、会社のより正確な実態を把握しましょう。

ただ、口コミを書き込む人の中にはその企業に不満を持っている人もいるということを忘れずに。

企業情報だけでは掴みにくい情報も把握した上で、自分が活躍できそうな企業かどうかを確認するために活用しましょう。

転職のホント編集
転職エージェントを利用している場合、志望企業とパイプがあるキャリアコンサルタントや法人営業(リクルーティングアドバイザー)を通じて情報収集した方が確度の高い情報を得られるでしょう。

おすすめ口コミサイト(1)転職会議:300万件以上の口コミ!

転職会議
画像引用:転職会議

実際に働いていた元社員や社員による評価や年収、残業時間、有給消化率など、300万件以上の転職口コミ情報を掲載する転職会議」。

大手転職サイトと求人を提携しているため、52万件以上の求人をまとめて検索できます。

700万人以上と会員数が多いからこそ、日本中の企業の口コミが集まるサイトといえますね。

※登録企業数・求人数・会員数は2021年11月時点の公式サイトより

おすすめ口コミサイト(2)エンライトハウス(旧カイシャの評判):女性視点での会社の評価が分かる

エンライトハウス
画像引用:エンライトハウス

年間5,000万ユーザー(2021年11月時点公式サイト表記)が利用する、「エンライトハウス(旧カイシャの評判)」。

独自の指標で会社の特長が可視化されていたり、気になる企業をフォローすれば新着情報をすぐに見る事ができたりするなど、使い勝手も抜群です。

女性の口コミや評価も集約して表示できるため、女性視点での会社の評価が分かるのも嬉しいポイントです。

次は女性が転職活動を始める前に決めておいたほうがいいことをお伝えします!

人生において大きな転機となりうる転職だからこそ、事前に本当に転職するべきなのか・今後の計画をどうするのかを整理しておきましょう。

転職前に考えておこう!後悔しないために決めておくべき2つのこと

転職前に考えておこう!後悔しないために決めておくべき2つのこと

これまで女性におすすめの転職サイトや転職エージェントをお伝えしました。せっかくよりよい環境を求めて転職するのだから、誰だって後悔しない転職先を見つけたいものですよね。

ここでは、転職前に決めておくべき2つのことをお伝えします。

転職前に決めておくべき2つのこと

  1. 転職の目的を明確にしておく
  2. ライフプランについて考えておく

1.転職の目的を明確にしておく

まず明確にしておくべきなのが、転職の目的。

  • ライフスタイルに合わせて柔軟に対応できる会社で働きたい
  • リモートワークが可能な職場で働きたい
  • もっと給料がもらえる仕事をしたい
  • 自分にあった社風の会社で働きたい

など、さまざまな目的があるでしょう。

後悔しない転職活動をするには、「なぜ今転職しようと思ったのか」「5年後・10年後はどんな社会人になっていたいのか」について改めて考え、「今の会社では実現不可能なのか?本当に転職しなければいけないのか」を探ってみましょう。

もし今の会社内での異動や配置換えで解決するのであれば、転職をしないという選択もアリです。

転職をきっかけにして、今一度自分がどうしたいのか自問自答してみましょう。

転職のホント編集
自分だけでは思考が堂々巡りになって決め切れないことも。エージェントとの面談で「本当に転職すべきなのか」から相談するのもおすすめです。

譲れない条件・優先順位も決めておこう

転職先に求める条件は、一つとは限りません。「満足できる給与がもらえて、家から30分以内で、リモートワークも可能で…」など、さまざまな希望条件があると思います。

希望条件を全て書き出し、その中で譲れない条件・優先順位を決めておきましょう。

複数の企業でどれを選ぼうか悩んだ時、譲れない条件や優先順位を明確にしておくと、決断しやすくなります。

ただ、希望を全て満たす企業はなかなかないもの。複合的に考えることが大切です。

転職のホント編集
面接の際に条件交渉を打診してみてもいいでしょう。ただ、自分の希望を押し通すのではなく、双方が納得するラインまで譲歩する姿勢を忘れずに。

転職エージェントを利用すると、キャリアコンサルタントがあなたの代わりに条件交渉の場に立ってくれます。

ただし、転職エージェントの交渉も絶対ではありません。希望が通らない可能性があることも理解しておいてください。

2.ライフプランについて考えておく

ライフプランについて考えておく

次に重要なのが、これからのあなたのライフプラン。

今の時代、結婚・出産後も女性が働くことは珍しくありません。

  • もうすぐパートナーと結婚をしようと思っている
  • 子どもができたら、働き方が変えられる仕事に就きたい
  • 育休から復帰したら、キャリアアップを目指せる職場で働きたい
  • 夫が全国転勤なので、自分も勤務地が選べる会社がいい

など、転職前に自分の理想とするライフプランを具体的にイメージしておくと、転職先を選ぶ時の着目すべきポイントや、自分自信の目標が明確になり、選考の際にアピールしやすくなりますよ。

転職のホント編集
家族やパートナーがいる場合には、今後協力してもらうためにも一人で決めずに話し合って決めましょう。

子育て中に転職する場合、サポート体制を整えておくと◎

子育て中に転職活動をする場合、「子どもの急な体調不良で、休む可能性があるけれど大丈夫かしら…」と不安があるかもしれません。

小さな子どもが頻繁に体調を崩すのは当然です。

子どもの体調不良の場合にどうするのかをイメージし、夫や家族にも協力を求めておいたり、ベビーシッターや一時保育・病児保育に登録しておいたりするなど、事前にサポート体制を整えておくのがおすすめです。

面接の場においても、

「小さな子どもがおり、ベビーシッターや病児保育への登録、夫の協力など、体調不良時の最低限のサポート体制は整えております。しかし、どうしても無理な場合には急遽お休みさせていただくこともあるかもしれません。」

と、正直に伝えておきましょう。

正社員だけでなく、派遣やパート・フリーランスといった働き方も選択肢の一つ

「働く=正社員」というわけではありません。派遣やパート・フリーランスなど、さまざまな働き方があります。

  • 子育て中なので、今は時間に融通のつく仕事がいい
  • 今は夫の扶養内で働きたい

など、現在は働き方に制限があるものの、将来的にはもっと働ける場合には、「派遣や契約社員から始めて、正社員登用制度を利用する」という手もあります。

また、「未経験の業種や職種につきたい」という方は、正社員よりも派遣や契約社員からチャレンジしたほうが実現しやすい場合もあります。

ここまで、転職活動を始める前に決めておくべきことについてご説明しました。

続いては、たくさんの企業の中から、あなたが活躍できる転職先を見極めるポイントをお伝えします。

ここに注目!女性が活躍できる転職先かどうか見極めるポイント

ここに注目!女性が活躍できる転職先かどうか見極めポイント

せっかく転職するのだから、女性も働きやすい環境で、自分らしく働きたいですよね。

この章では、女性が活躍しやすい環境かどうかを見極めるポイントについて詳しくお伝えしていきます。

女性が活躍できる転職先かどうか見極めるポイント

  • ポイント1.両立支援施策が整っているか
  • ポイント2.女性比率と女性管理職比率はどうなっているか
  • ポイント3.女性活躍推進法による厚生労働大臣の認定を受けているか

ポイント1.両立支援施策が整っているか

まず着目すべきは、法律で定められている産休育休制度や時短勤務制度が整っているかどうか

ホームページや求人情報を見て、フレックスタイム制度やリモートワークが可能かどうかをチェックしてみましょう。

ただ、制度としては整っていても、本当に制度が利用されていなければ意味がありません。

面接時に

  • 長く働き続けたいと思っているのですが、結婚・出産後も活躍している女性はいらっしゃいますか
  • 御社で子育てと仕事の両立をされている女性社員の方は、どのような工夫をされていますか

など、具体的に確認してみるとよいでしょう。

ポイント2.女性比率と女性管理職比率はどうなっているか

次に、「男女の採用数」や「勤続年数・女性の管理職比率」などのデータを確認しましょう。

女性の社員数が多く、勤続年数も比較的長いにも関わらず、管理職には女性がほぼいない場合は要注意です。

もしかしたら女性が長く働いても、キャリアアップしにくい環境なのかもしれません。

もし、あなたがキャリア志向でない場合も、女性の管理職が社内にいるかどうかは重要です。

女性の管理職が上司にいるだけで、女性社員の働きやすさが変わってくる可能性もありますよ。

転職のホント編集
転職エージェントを活用している場合は、キャリアコンサルタントに相談して企業に確認してもらいましょう

ポイント3.女性活躍推進法による厚生労働大臣の認定を受けているか

そして最後に、女性活躍推進法による厚生労働大臣の認定を受けているか、調べてみましょう。

女性活躍推進法に基づき、厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」上にて、全国の企業による女性の活躍状況に関する情報・行動計画が公表されています。

ただし301人以上を雇用する企業が対象です。

転職のホント編集
制度や実績が不十分という企業の中には、今まさに女性が働きやすい環境へと変わりつつある企業もあります。

過去の実績や制度だけで判断せず、複数の観点で企業を見るようにしましょう。

最後に、女性が転職する際のよくある質問にお答えします。

知っておいて損はない情報ばかりですので、続けてご覧くださいね。

転職Q&A|女性の転職でよくある質問

転職Q&A|女性の転職でよくある質問

女性が転職活動を始める前に、考えておいたほうがいいことについてお伝えしてきましたが、転職活動の進め方について、具体的なイメージは持てましたか?

中には、

「女性におすすめの転職サイトと総合型おすすめの転職サイトって結局何がどう違うの?」

「ライフプランについて具体的に考えたけれど、それって面接時に伝えてしまって大丈夫?」

など、疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、女性が転職する場合によくある質問について、具体的にお答えしていきます。

少しでも不安をなくして、安心して転職活動を進めていきましょう!

まとめ

今回は、女性の転職におけるお悩みを解決するため、女性に利用してほしい転職サイト&転職エージェントや転職活動のコツについてお伝えしてきました。

今の時代、女性だからといって、転職しにくいということは全くありません。

正直なところ、一昔前までは選考の際に男女間で差があるケースも存在しました。

しかし今では、特別な事情がない限り、採用の際に年齢を限定したり、性別によって選考条件を変えたりすることは法律で禁止されています。

最近では、リモートワークや時短勤務が推奨されてきている背景から、特に男女間での有利不利は少なくなってきている印象です。

男女関係なく、年齢が上がるにつれ、転職の際に求められるのはスキル・経験といった即戦力要素です。

これまでの経験で培ってきたスキルや、キャリアなどの経験をしっかりとアピールして後悔のない転職活動を行いましょう!

転職のホント編集
最後に、この記事のポイントとおすすめ転職サービスをまとめます!

この記事の要点おさらい!

  • 女性におすすめの転職サイトとあわせて総合型おすすめの転職サイトに複数登録し、徐々に使用サイトを絞り込んでいこう
  • 効率よく転職活動をしたい人・初めて転職活動をする人は、転職エージェントも積極的に活用すべし
  • 転職サイトと転職エージェントを併用することで幅広い求人が得られる
  • 転職活動をする前に、自分のこれからのライフプランについて今一度考えてみよう
おすすめ「転職サイト&転職エージェント」 転職サイト 転職エージェント
特に女性におすすめ
総合型おすすめ

ライフイベントにより、働く環境が大きく変わることも多い女性。より多くの情報を収集し、あなたが希望する働き方ができる転職先を見つけましょう。

あなたが生き生きと働けて活躍できる転職先が見つかるよう、編集部一同願っています。